HOME(23区)<<雑司ケ谷・護国寺<<雑司ケ谷(雑司ヶ谷霊園)

雑司ヶ谷霊園は、谷中霊園、染井霊園、青山霊園などと同じく明治になって出来た都営の公共墓地である。
元々は、維新後の神仏分離により、神葬が増え、寺院以外の墓地が必要になった事がきっかけであったという。
文化人が多く眠る場所として知れるが、江戸時代には、雑司が谷村の鷹狩場であったらしい。

≪Chapter of zousigaya lineup≫
法明寺(鬼子母神)金乗院(目白不動)大鳥神社本納寺雑司ヶ谷霊園雑司ヶ谷旧宣教師館護国寺鳩山会館


雑司ヶ谷霊園


都電雑司ヶ谷停留所の踏切を渡ると、すぐに霊園の入り口がある。住所の上では、南池袋四丁目になる。
(左)文献院古道漱石居士と見えるのは、明治の文豪 夏目漱石の墓所。
(右)幕末期の日本で随一のアメリカ通だったジョン万次郎の墓。墓石の表記は「中濱萬次郎之墓」。



(左)サンシャインビルが間近に見える。
(右)「鷹狩部屋と松」と書かれた案内板。享保4年から幕府により鷹狩りのための施設が設置されていたらしい。
鷹匠はじめ、目付、同心など70〜80人が常駐し、鷹の飼育・訓練をしており、将軍が立ち寄ることもあったという。



(左)竹久夢二の墓。大正時代の美人画で知られる。
(中)泉鏡花の墓。明治・大正と活躍した小説家。
(右)小泉八雲の墓。明治の日本通帰化人ラフカディオ・ハーン



(左)小栗上野介の墓。エリート幕臣で幕末に活躍し遣米使節や横須賀製鉄所など業績は多い。
(中)岩瀬忠震の墓。幕末のエリート外交官。白鬚神社にも墓碑がある
(右)千葉定吉と長男重太郎の墓。千葉周作の弟で北辰一刀流剣術の剣客。自らも桶町に道場を開き、門下生には坂本竜馬なんかもいた。
ちなみに、千葉周作の墓所は巣鴨の本妙寺にある。



(左)金田一京助の墓。辞書の人というイメージだが、アイヌ語の研究で有名らしい。
(中)大川橋蔵の墓。銭形平次などで知られる時代劇役者。二代目の大川橋蔵であるらしい。
(右)川口浩の墓。水曜スペシャル 川口浩探検隊で知られる。



雑司が谷宣教師館(旧マッケーレブ邸)


雑司ヶ谷霊園の近所、雑司ケ谷1丁目に雑司が谷宣教師館なる建物がある。
これは、明治40年にアメリカ人宣教師のマッケーレブが居宅として建てたものであるという。
19世紀後半のアメリカ郊外住宅の建築スタイルだとかで、都の文化財に指定されている。



お屋敷というほど大きな建物ではないかもしれないが、当時の宣教師は、それなりに良い暮らしをしていたように見受けられる。





(左)雑司ヶ谷霊園まで戻る。
(右)雑司ヶ谷霊園を突っ切り、南池袋四丁目付近に出てきた。



都電荒川線の東池袋四丁目停留所。
ここからは、池袋駅やサンシャインには向かわず、反対方向の護国寺を目指す。



<< 前へ   このページのTOP   23区歴史スポット   次へ >>