HOME(23区)<<深川<<清澄庭園

≪Today's lineup≫
深川不動堂富岡八幡宮八幡橋法乗院心行院採茶庵跡間宮林蔵の墓雲光院紀伊国屋文左衛門の墓
霊厳寺江戸深川資料館清澄庭園芭蕉稲荷神社芭蕉庵史跡展望庭園のらくろロード芭蕉記念館深川神明宮

清澄庭園は、中心に池を周囲に築山や石組みを配する典型的な回遊式庭園だ。
一説によるとルーツは、江戸の豪商紀伊國屋文左衛門の屋敷跡であるという。
その後、下総関宿の城主久世大和守の下屋敷となり、現在の庭園のベースとなる。
明治期には、三菱財閥のドン岩崎弥太郎の所有するところとなり、今も残る庭園の造営計画がスタートする。
そして、明治13年に「深川親睦園」として開園すると、その後も継続的にアップグレードが図られていったらしい。
庭園の規模は江戸期を上回り、ジョサイア・コンドル設計の洋館も建てられたというが、関東大震災により大損害を被っている。
現在は、東京都所管の庭園として名勝に指定されている。


歴代の?岩崎さんは“名石"が好みだったらしく、自社の汽船を使い各地から集めてきたんだとか。
園内には、名のあるものから、無名のものまで、“石"に対するこだわりが特徴的だ。

相州真鶴石 摂津御影

池越しに見えるのは、明治42年に建てられた涼亭という建物。
国賓として来日した英国のキッチナー元帥を迎えるために岩崎家が建てたものだとか。
現在は、集会場として使用されていて、東京都選定歴史的建造物なんてものに指定されているらしい。

磯渡り

池の縁に置かれた飛び石“磯渡り"を渡る。

あじさい 磯渡り

“磯渡り"では、池の鯉を眺める江戸庶民(推定)が足を止めている。
ここでは、この鯉とか亀とかが妙に人馴れしている。

中の島 富士山

橋で連結された“中の島"。

中の島 中の島

中之島から入り口方面。さっき渡ってきた“磯渡り"がある。バックの建物は休息所になっている大正記念館。

清澄庭園

(左)海や川が近いため鳥の飛来も多い場所だという。サギかな?
(中)さすがに鳩は分かる。

石塔 燈籠

花菖蒲田。

鳥

(右)「古池や かはづ飛び込む 水の音」芭蕉ゆかりの土地柄ということか。

花菖蒲 芭蕉の句碑

(左)石組み。枯山水の枯滝というやつか。
(右)東屋。



昔は、仙台堀を通じて隅田川の水を供給していたため、池にも微妙に潮の満ち干きがあったという。



<< 前へ  このページのTOP  深川編TOP    23区歴史スポット   次へ >>